金融商品の分散方法

投資をする際に投資対象を分散させるべきであるということはよく言われているのですが、自分の投資資金は少ないので分散のしようがないという人が多いです。
確かに金融商品には最低投資金額が決まっているものが多く、一つだけの投資対象に集中してしまっていることが多いことも事実です。
しかし、次の投資の際は現在と違う投資対象を狙っていきたいものです。

まだ投資をしていなくても、次の投資対象を探すことは投資対象を増やすという面では十分に意味があることです。
プロの投資家は、現在の投資対象の値動きチェックも必要であるものの、それ以上に次の投資対象をどれにするかを探すことがもっと大切なのです。
製造業でいえば、研究開発にあたるこのようなことを投資の前にやっておくことで、確実に収益を上げることができる投資対象を探すことができるのです。

具体的には、現在株式投資をしているのであれば、債券投資をするという性格の違う投資対象を狙うことが勧められています。
しかし、このような一般的な投資対象ではなく、金貨を買ったりする商品投資に目を向けることも大切です。
20万円もあれば、1オンスの金貨を買うことができるので少額の投資としてはピッタリかもしれません。

このように自分のアンテナを多方向に向けて、いろいろな投資対象を探してみることが大切なのです。

コメントは受け付けていません。