通貨の分散方法と考え方

堅実に投資によって利益を得るのならば、持っている通貨を分散させることを考えたほうが賢明です。
最も簡単に外貨を利用することが出来る方法は、銀行などの金融機関を利用することですが、FXなどのような専門の会社を利用して外貨を保有しても構いません。

 
外貨と自国のお金を交換すると、相場によってその価値に変動が起こることになります。

 
しかし、実は外貨を保有することのメリットはこれだけではないのです。
自国のものと外貨で分散させる大きなメリットは、自国の金利と外国の金利では大きな開きがあることなのです。

 
基本的に、国内の金利と言うのはものすごく低くなっていますので、金融機関にそのままお金を預けても大きなメリットは存在しません。
ところが、外貨に分散すると適用される外貨の範囲と言うのはその外貨の国に依存することになりますので、国内でお金を貯金するよりも外貨で保有していたほうが、相場の変動を加味しなくてもメリットが大きくなるわけです。

 
これはFXなどの取引をしても全く同じで、自国の金利と外国の金利差によってリターンが非常に大きくなります。
ですので、持っているお金はきちんと分散させてリターンが大きくなるように工夫しておいたほうが良いのです。

コメントは受け付けていません。