期間の分散とその間

株や為替で利益を出せるようになる重要なポイントが売買のタイミングです。

 

株ならばどの銘柄を選ぶか、為替ならばどの通貨ペアを選ぶかということも確かに大切ではあるのですが、タイミングが悪ければどんなにファンダメンタルズが良くてもほとんど上昇しなかったり、他の銘柄と一緒に下落してしまうことは珍しくありません。

 

そこで大底で買って天井で売ろうと考えてしまうのですが、抜群のタイミングで売買するのは非常に難しいのです。

 

なぜかと言うと、騰がればまだまだ騰がるように感じて買い増ししてしまいがちですし、下がればまだまだ下がるように思えて買うことができないからです。

結果的に高値で買って安値で売るというようなことが起きてしまいます。

 

こうした不都合な人間心理の呪縛から解き放たれるひとつの方法が、ドル・コスト平均法です。

この方法では、予め決められた期間をあけて、決められた金額だけ株や外貨を定期的に買い付けていきます。

相場は常に上下しますから、一定の間隔があくことで高値で買い過ぎる危険を排除します。一定の金額分だけの数量を買い続けていくことで、高値では少なく安値では多く買っていくことができます。恐怖と欲望を排除して機械的に買い付けていくことで、結果的に安いコストで仕込むことができるのです。

コメントは受け付けていません。